秋分の日の意味と由来

秋分の日には、昼と夜の時間が同じになるという意味と祖先を敬い、亡くなった方を偲ぶという2つの意味があります。

秋分の日が休みなのは、国民の祝日に関する法律(祝日法)で休みと決められているからです。

秋分の日は、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定されました。

この祝日法によって、天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され、休日とされました。

通例では、9月22日から23日ごろのいずれか1日が秋分の日とされます。

毎年、春分の日も秋分の日も正確な日にちが決まっておらず、その年にならないとわかりません。

昼間の時間が短くなって、昼と夜の長さが等しくなる日と言われることがありますが、実際は昼の方が少し長いです。

祝日法第二条では、「先祖敬い、亡くなった人々を忍ぶ」ことを趣旨としています。

戦前は、秋季皇霊祭という宮中行事が行われる祝日でした。

戦後もそれに基づいて祝日にしたようです。

お彼岸の中日でもあり、休みにするとお墓参りもしやすいという意味もあるでしょう。

昔からの流れでこの日は休みと決まっていますが、日本人は働きすぎるということで、ここ数年休日が増えています。

たまにはお墓参りに行って先祖供養でもしてくださいということでしょう。

秋分の日に祖先に感謝し、敬うようになった由来は?

春と秋にお彼岸がありますが、お彼岸の7日間は先祖の霊がこの世に帰ってくるとされています。

そのため、お彼岸に墓参りをして、先祖に感謝するのです。

春分の日と秋分の日はそれぞれのお彼岸の中日に当たります。

また、古代の農業では暦がとても重要なもので、暦に従って、種付けや刈り取りを行っていました。

秋分の日は1年間の農作業の区切りとしての意味を持っていたと考えられ、農作業が1段落するこの日を祖先を祀る日と定めたと考えられます。

秋分の日は日本独自の祝日?

今のところ日本以外で春分の日や秋分の日を祝日にしているところはありません。

お彼岸の中日なので仏教の国にもありそうですが、実際にはないので日本しかない祝日です。

他国にはないということで、日本独自のものといえます。

ちなみに、秋分の日ではありませんが、昼と夜が同じになる春分の日は、イランでは1年の始まりの日とされています。

つまり、日本でいう正月のことです。