毎年週末の2日に渡って、ダンスコンテストやパレードなども行われるあつぎ鮎まつり大花火大会。

初日の夜に行われる花火大会は、スターマインで始まり、その後も大玉や創作花火など、迫力満点の花火が次々に打ち上がります。

その中でも、最も注目なのが、仕掛花火の大ナイアガラです。

約700メートルという大きさで、大会のフィナーレを飾ります。

あつぎ鮎まつり大花火大会2018年の開催日時・データ

開催日時 2018年8月4日、5日(8月の第1土・日曜日)19:00~20:30

※荒天時は8月5日に延期

打ち上げ場所 相模川河川敷(神奈川県厚木市・相模川に中津川と小鮎川が合流する地点)

打ち上げ花火の数 約1万発

観客数 約18万

出店数 約400店

主催 あつぎ鮎まつり実行委員会

会場へのアクセスの注意ポイント

行きは、本厚木駅南口から徒歩15分です。

混雑するので、昼ごろに会場に入り、花火を楽しみましょう。

帰りは、大会終了後の本厚木駅が混雑するので、海老名駅に行くのがお勧めです。

あつぎ鮎まつり大花火大会の公式会場

公式に用意されている会場は、全部で4ヶ所あります。

第1会場(三川合流点厚木側)

ここは最も混雑する会場です。

混雑の状況によっては、入場制限が行われる場合があります。

有料観覧席もあります。

第2会場(旭町スポーツ広場)

相模川の河川敷にある第2会場の旭町スポーツ広場は、芝生の上で観賞できます。

出店もありますが、仕掛花火が見えない場合もあります。

最寄り駅の本厚木駅から徒歩12分で、終了後の混雑に巻き込まれにくいスポットです。

第3会場(金田第二青少年広場)

駅からは少し遠いですが、打ち上げ場所から至近距離なので、迫力のある花火が楽しめます。

最寄り駅は本厚木駅で、徒歩30分です。

海老名会場

当日は16時に開場します。

混雑の状況によっては、入場制限が行われる場合があります。

有料観覧席もあります。

有料席のチケットは、セブンイレブンの店頭か、パソコンやスマホから「セブンチケット」で購入できます。

あつぎ鮎まつり大花火大会の穴場スポット

ゆっくり花火を鑑賞したい方のために、あつぎ鮎まつり大花火大会の穴場スポットを紹介します。

厚木中央公園

あつぎ鮎まつり大花火大会の会場の1つでもあるので、園内では出店なども並んでいます。

当日は花火が打ち上がる前に、公園内でステージイベントなども行われる予定です。

花火は公園の北東方向に打ち上がります。

西側の噴水玉に囲まれた池の周辺で観賞します。

混雑しやすいので、早めに場所を確保しましょう。

最寄り駅は本厚木駅で、徒歩7分です。

相模三川公園

3つの川が合流する地点の上流に広がっている河川敷の公園です。

見晴らしのいい、広い芝生のエリアは、場所を取りやすいです。

日が沈む前に訪れると、夕焼けの丘では、丹沢・大山といった山並みの景色も楽しめます。

最寄り駅は海老名駅で、徒歩約15分です。

厚木野球場

毎年花火大会の当日に無料開放されます。

ここからは仕掛花火が見えませんが、打ち上げ花火は見られます。

夕方になると混雑するので、17時までに入場しましょう。

最寄り駅は本厚木駅で、徒歩約15分です。

商業施設アツギトレリスの駐車場

スーパーやレジャーランドがある複合商業施設です。

花火大会の当日に屋上の駐車場が解放され、屋台なども出店します。

最寄り駅は本厚木駅ですが、車で約10分かかります。

海老名運動公園

ここは当日に駐車場が解放されるので、ゆっくり花火を見られます。

ここからは仕掛花火は見えませんが、打ち上げ花火は見られます。

最寄り駅は社家駅で、徒歩約15分、厚木駅で徒歩約30分です。

相模川河川敷(海老名市側)

花火の打ち上げ場所は相模川周辺なので、厚木市側だけでなく、海老名市側でも花火が見られます。

イベントが開催される本厚木側は混雑しますが、相模川を挟んだ対岸の海老名市側の河川敷は、場所を確保しやすい穴場スポットになっています。

最寄り駅は厚木駅で、徒歩約10分です。

 

動画:ひまわりカズさん