足立の花火は、2018年に40回目を迎えます。

この花火大会は全5幕で構成され、 1時間で約1万2,000発が打ち上げられます。

打ち上げするだけでなく、スターマインや仕掛花火を初め、音楽とシンクロして打ち上げられる花火、足立区内の子どもたちが考えた打ち上げ花火など、密度の濃い花火が見られます。

目の前で花火の迫力を体験したいなら、打ち上げ場所がある北千住側からの花火観賞がお勧め、演出をしっかり見たいなら西新井側からがお勧めです。

花火打ち上げ日時

2018年7月21日(土)※雨天時未定 19:30~20:30

会場へのアクセスの注意ポイント

行きは、会場の周辺は15時過ぎに混雑しはじめます。

最寄り駅の北千住駅や五反田駅には早めに到着しておきましょう。

帰りは、北千住駅や五反田駅は混雑するので避けて、北は梅島駅、南は千住大橋駅や牛田駅まで歩いたほうが無難です。

次に、なるべくゆっくり花火を観賞したい方のために、お勧めの穴場スポットを紹介します。

足立の花火お勧めの穴場スポット

荒川河川敷運動公園運動場(野球場周辺)

打ち上げ場所に近いところから花火を観賞することができます。

ここは1番良いスポットなので、早めに行かないと場所取りできません。

荒川西新井橋緑地

もっともお勧めなスポットです。

ここは打ち上げ場所に近いので、かなり混雑しますが、それでも北千住川の河川敷より空いています。

ライトアップされたスカイツリーも花火と一緒に見ることができます。

最寄り駅は、梅島駅です。

千住新橋グラウンド周辺

千住側で見たい場合は、この千住新橋グラウンド周辺まで来た方がいいです。

打ち上げ場所からは少し離れていますが、ここでも十分観賞できます。

早めに到着できないけど、なるべく近くで花火を見たい人にお勧めです。

ただし、最寄りの駅は北千住なので、帰りは確実に混雑します。

荒川江北橋緑地

当日出遅れた方におすすめのスポットです。

打ち上げ場所から少し離れているので、花火が小さくなりますが、混雑しないので、落ち着いて見られるスポットです。

家族や子供連れにも人気があります。

荒川が左に曲がっているので、この位置から見ると、花火は首都高の上空あたりに上がります。

最寄駅は、扇大橋駅から徒歩で約10分です。

西新井橋周辺の河川敷

どうしても千住側は混雑してしまうので、河川敷が広く、混雑が少ない西新井側がお勧めです。

低めに打ち上がるナイアガラもしっかり見ることができます。

最寄り駅は、梅島駅です。

扇大橋周辺

人出が少ないので、家族連れにお勧めです。

ただし、会場から少し離れているので、ナイアガラは見えにくいですが、上空に打ち上がる花火がよく見えます。

のんびり観賞したい方にお勧めのスポットです。

最寄り駅は、梅島駅です。

尾竹橋通り付近

千住新橋付近よりも人が少なめなので、比較的遅めに到着しても場所を確保することができるスポットです。

橋の上などでは立ち止まり禁止なので、その辺を注意して見やすい場所を探してみましょう。

千住桜木2丁目の土手

花火会場から橋を1本を隔てた土手なので、どの駅からも遠くて、少し歩かなければならないのですが、広々としていて、比較的混雑が少ない人気の穴場スポットです。

橋の横に立っている鉄塔が目印で、予想以上に花火との距離が近く、花見の迫力を感じられます。

場所取りは禁止されているので、当日は早めにいきましょう。

高砂野球場

会場に含まれている場所ですが、打ち上げ場所付近に人が集中する分だけ、こちらは比較的空いていて、眺めもいいです。

河川敷にある2つの野球場の向こう側に花火が打ち上がります。

土手が傾斜しているので花火は見やすいですが、草の背が高いのでレジャーシートが必要です。

道や階段に座り込むのは禁止されています。

ここは見やすいだけに混雑はするので、早めに行きましょう。

五反田駅や小菅駅から徒歩で約5分です。

扇1丁目付近の河川敷

打ち上げ場所から少し離れているので、混雑が少なく、地元の人が多い穴場スポットです。

見晴らしがいいので、花火の大きさや距離感にこだわらなければ、 十分楽しめます。

 

動画:AQUA Geo Graphic