即位礼正殿の儀の読み方は?

読み方は「そくいれいせいでんのぎ」です。

即位礼正殿の儀が行われる日は祝休日・祝日?

即位礼正殿の儀が行われる日は休日・祝日です。

平成30 年12 月14 日に公布・施行された「即位日等休日法」により、「即位の日」令和元年(令和1年)と「即位礼正殿の儀」の行われる日(令和元年10月22日)は休日となります。また、これらの休日は、国民の祝日に関する法律 (祝日法)により国民の祝日扱いとなります。

即位礼正殿の儀が行われる日はなぜ10月22日なの?

まず初めに、即位の儀として、神器の継承である「剣璽等継承の儀」が最初に行われます。その後に即位の事実を内外に布告する儀式が「即位礼正殿の儀」です。

天地神祇や皇祖に報告を行うためにいくつかの儀式があるため、「剣璽等継承の儀」から「即位礼正殿の儀」までは少しの間があります。

11月には「大嘗祭」という重要儀式があり、祭は11月の卯の日に行われますが、準備は11月1日から行います。そのため、10月後半までには「即位礼正殿の儀」を済ませなければなりません。

また、桓武天皇が平安京に移られた日が京都の誕生日である10月22日であることも関係がありそうです。

即位礼正殿の儀が行われるのは何時から?

午後1時から約30分の予定です。

即位礼正殿の儀が行われる場所は?

皇居宮殿・正殿松の間です。

即位礼正殿の儀のパレードの時間・ルートは?

パレード・祝賀御列(おんれつ)の儀は、10月22日午後3時半に始まります。約30分かけて4.6キロを進行します。悪天候の場合は、10月26日に行われる予定です。

ルートは、皇居・宮殿→二重橋前→桜田門→国会議事堂正門前→憲政記念館前→国立国会図書館前→平河町→都道府県会館前→青山1丁目交差点→赤坂御所です。

即位礼正殿の儀の招待国は?

外国からの参列者は、日本と国交がある195カ国の元首や祝賀使節らです。